施術で使うレーザーにはメラニン色素に反応

バナー

施術で使うレーザーにはメラニン色素に反応

最近では脱毛にも、より安全性や高度な技術を必要とする方法が使われるようになったと言われています。
そうした新しい脱毛方法の1種に挙げられる手法としてレーザー脱毛という方法が挙げられます。

広島のエステ情報

レーザー脱毛とは文字通りレーザーを使って脱毛手術を行い、体毛の成長サイクルを計算した上でのレーザー照射による脱毛効果を図る手法です。


従来の手法と比べて痛みなどの負担が軽減された面が利点の1つとされており、医療的な施術を行う面から美容医療の1種に属する方法とされています。


こうしたレーザー脱毛の仕組みを知るためには、まず体毛の成長サイクルを知ることが必要です。
発毛には成長・退行・休止と呼ばれる3段階の時期があり、成長期に伸びた体毛が退行期になって抜け出し、新しい体毛を伸ばすまでの休止期によって毛根が回復する、というサイクルがあります。
レーザー脱毛では数回に分けた照射によって、発毛期の差がある毛根組織の機能へまんべんなくダメージを加え、機能を低下・消失させることによって脱毛効果を図ります。



施術で使うレーザーにはメラニン色素に反応しやすい特定の波長を使った、毛根組織に対して重点的な熱エネルギーによるダメージを与えられるレーザーが使われており、成長期にある体毛に対して効果が高いとされています。



したがって繰り返し照射により、成長期の段階にある体毛に対して順次施術を行うことで、ゆくゆくは全身の脱毛効果が期待できる仕組みとなっています。